MENU

会社情報

社長挨拶

代表取締役 社長 花岡宏樹

花岡宏樹

物質的な豊かさを求め続けた時代から、今は心の豊かさを問い続けている時代ではないでしょうか。それはとりもなおさず自分の存在、そのものを再確認する時代なのかもしれません。私たちが、今日豊かな明るい家庭を営んでいられるということはどういうことなのでしょうか。
それは過去、現在、未来とあるなかで過去にご先祖様がいて、そのお陰で自分が存在しているからなのです。だからこそ人間であれば、ご先祖様に感謝するという気持ちを持ち続けなければいけないのです。

ところが、昨今、感謝の気持ちを忘れてしまっている人々が多いのが現実です。
最近の若年層の犯罪、非行は目を覆いたくなるほど多発しております。その反面でおじいちゃんやおばあちゃんのいる家庭の子供、お仏壇やお墓のある家庭の子供には非行が少ないと言われております。
やはり、子供は親の後姿を見ているのです。そのなかでおじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんが真剣にお仏壇に合掌している姿を見たり、いただき物があれば真っ先にご先祖様にお供えをして感謝してからいただくという姿こそが本来の人間として必要なものだということが、子供の頃から自然と教育されているのではないでしょうか。

人間関係がギスギスしている世の中で、人間の根本は心の豊かさを求めたいと願っています。
当社の経営理念はお客様の仕合せ、株主の仕合せ、社員の仕合せを実現しようというものです。

では「仕合せ」とは何なのか?

岩手県東山町にある観林寺ご住職、高橋哲秋様は「仕合せ」とはお互いが相手や周りのために仕え合うこと。自分の欲しい物を手に入れることではなく、信頼している人や大切な人に喜んでもらえることを「仕合せ」だとおっしゃっています。

当社の使命はお仏壇、お墓、公園墓地を通じて“心の豊かさと仕合せな暮らし”のお手伝いをすることです。お客様に心から喜んでいただき、地域社会にも貢献し、そして私たち自身やりがいのある仕事を通じて、精神的にも満たされた豊かな人生を送りたいと願いながら経営理念実現に向けて邁進してまいります。

ページの
上部へ