MENU

よくあるご質問

仏壇・仏具について

仏具について

お位牌はいつまでに用意したら良いですか?また、白木のお位牌はどうしたら良いですか?

基本的には四十九日までに本位牌をご用意したほうが良いです。
四十九日を界に霊が仏になると言われております。
白木の位牌は、本位牌をご用意したらお寺さんにお願し引き取っていただきます。

お位牌がたくさんあるのですが、どうしたら良いですか?

3つの方法がございます。
1.「○○家先祖代々之霊位」の本位牌をつくり、今あるお位牌は過去帳にまとめる。
2.今あるお位牌を回出位牌にまとめる。
※ 今あるお位牌はご住職様にお魂抜きをしていただき、基本的にはお寺さんでご供養していただきます。
※ 目安として三十三回忌が過ぎた方をご先祖様のお位牌にまとめる方が多いです。
3.今あるお位牌が全てご安置できるお仏壇を選ぶ。

分け位牌を祀りたいのですが、お仏壇は必要ですか?

必要です。
お位牌は故人そのものをあらわす大切なものです。
お位牌だけそのままご安置するのではなくお仏壇や厨子をご用意し、屋根のあるところへ
ご安置してあげてください。

宗派の違うお位牌を一緒のお仏壇でお祀りしても良いですか?

ご家族で相談していただき、皆さんが納得していただければよろしいですが、
お寺さんによっては、好まれない場合がありますのでご相談されると間違いないです。

ご本尊はどうしても必要ですか?

仏様のご供養を仏教で行っていくということであればご用意してください。
ご本尊は信仰の対象として寺院、お仏壇の中央にご安置する仏像ですので必要です。

お仏壇を買い替えるにあたって、ご先祖様から大切にしてきたご本尊はどうしたら良いですか?

3つの方法がございます。
1.そのまま、新しいお仏壇にご安置する。
2.新しいお仏壇にあわせて、ご本尊も買い替える。
3.仏像はお洗濯をし、きれいにする。

ページの
上部へ