MENU

よくあるご質問

仏壇・仏具について

お仏壇の種類について

お仏壇は宗派によって何か違いはありますか?

浄土真宗の場合は金仏壇をお勧めします。
ご本尊・脇尊は宗派によって変わります。仏具は、浄土真宗は専用の仏具をお勧めします。

詳細はこちらをご参照ください
お寺に金仏壇を買うように言われていますが、そのほうが良いのですか?

宗派によって考え方があります。
■浄土真宗の場合
基本的に、ご住職様が言われるとおり、金仏壇がよろしいでしょう。
なぜかと言いますと、金仏壇はそもそもご本尊である阿弥陀如来の極楽浄土(光り輝く光明無量世界)を表現したもので、浄土真宗の象徴といえます。
■浄土真宗以外の場合
お仏壇は心の拠りどころとなるため、毎日手を合わせたくなるお仏壇が良いですので、気に入ったお仏壇をお選びください。

カトリックでも祀れるお仏壇はありますか?

ございます。
洋風タイプのモダン仏壇をお勧めします。

モダン仏壇はこちらをご覧ください
洋間に置くお仏壇はありますか?

ございます。モダン仏壇をお勧めします。
最近の住環境の変化にも対応した様々なタイプのお仏壇をご用意しております。

モダン仏壇はこちらをご覧ください
どんな材質のお仏壇が良いですか?

お仏壇の材料には世界各国から厳選された様々な銘木が使われています。
お仏壇として使用される銘木には下記の条件を満たしていることが大切です。
1. 木質の格調が高い
2. 強度があり耐久性に優れている
3. 菌や虫に侵されにくい
4. 乾燥性が良い
5. 木質が緻密で杢目が美しい
6. 時が経つごとに気品が高まる

詳細はこちらをご参照ください
お仏壇の値段の違いって何ですか?

お仏壇の値段を構成するものは大きく分けて2つです。
1つはデザイン(造り)の違いで、もう1つは工法による違いです。
お仏壇はとても高価な買い物です。しかし、ただ安いからと買ってしまい後々に後悔する方もおいでになります。
お仏壇の値段の基準を理解し、納得いくまで検討を重ねることが大切です。

詳細はこちらをご参照ください
分家なので本家より大きな仏壇にはできないのですが、どうしたら良いですか?

今は本家分家の関係ですが、代が替わっていくとだんだん関係も遠くなり、わからなくなって
しまうこともあります。
これからあなた自身が本家となっていくのですから、後世のことを考えて大きさよりも
「毎日お参りしたくなるようなお仏壇」をお選びになることが大切だと思います。

ページの
上部へ